インバスケットの基本知識

「インバスケット」を直訳すると、「未処理箱」です。未開封のメールが溜まった受信箱をイメージすると分かりやすいでしょう。その、未処理の案件を、架空の人物になりきり、限られた時間の中で、精度高く処理を行うシミュレーション演習です。

なぜ、昇格試験や人事考課に導入されているのでしょうか

インバスケットはシミュレーションのツールです。
次のステップに進んでから“失敗”するのではなく、シミュレーションの中で、次位職に求められるスキルや能力を“模擬体験”しながら“測定”することが出来るからです。

スキルや能力の測定方法はどうなっているのでしょうか

インバスケットには「正解」はございません。「正解」というものは、“結果”に対する評価のため、状況によっては「良い判断」だったのか、「悪い判断」だったのか、判定しづらいためです。
このため、インバスケットでは“判断の結果”ではなく、“判断に至るまでの経緯(プロセス)”を測定しています。一方、経緯(プロセス)を見れば、途中のどの部分を改善すれば良いのかがわかり、改善につなげることができます。
つまり「どういった結果を出したか」ではなく「どのようにして結果を導いたか」が重要なのです。

トレーニングをすれば、何が得られるのでしょうか?

インバスケットでトレーニングをすることで、得られる効果が4つあります。

  1. 優先順位設定力の向上
  2. 問題解決力の向上
  3. 洞察力の向上
  4. 判断に自信が付く

1.優先順位設定力の向上

“限られた時間の中”で多くの未処理案件を、的確に処理することが求められます。まずは「自分はどのようなことを優先的に考えているのか」という判断軸を見つけることから始め、さらには「次位職ではどのようなことを優先的に考えるべきなのか」を考え、あるべき優先順位設定の考え方が身につけます。

2.問題解決力の向上

問題解決力とは、目の前で起きている問題の対処だけではなく、二度と同じことが起きないようにするなどの本質的な問題を解決していくことが求められます。同じ問題集でも、何度も取り組むことで、問題発見→情報収集→対策方法の比較→関連性の考慮→意思決定といったプロセスを洗練していくことができます。

3.洞察力の向上

洞察力とは、個々の案件だけではなく、全体の流れや複数の案件との関連性などを把握し、意思決定を行ったり明確な計画を作成したりする能力です。実際のビジネスシーンでも、外部・内部環境を含めて、総合的に解決を図る能力が求められています。

4.判断に自信が付く

上記の3つの能力を意識してトレーニングを行うことで、総合的に判断に自信をつけることができます。

シミュレーションの場で訓練したことが、実際の仕事へ反映されていくことにより、次位職に備えることができるのがインバスケットの魅力です。これから皆さんのステップアップのお役にたちましたら、幸いでございます。